昇段審査会の案内・審判講習会の案内・少年少女大会の案内について

長崎県空手道連盟事務局
登録団体長・会員各位

平素より大変お世話になっております。新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言が解除され、徐々に道場や空手教室などの活動されていることと拝察いたします。活動については、各都道府県の行政指導に従い、健康・安全を第一に配慮して、活動していただきたいと思います。

さて、公認昇段審査会並びに審判講習会、少年少女空手道選手権大会の開催案内を添付いたします。受審、参加希望者におかれましては期日までにお申し込みをお願い致します。なお、少年大会においては期日変更に伴い参加が出来ない、または、追加参加者等あると思いますのでお手数ですが、再度のお申し込みを受け付けますので変更の方は再度申し込みをお願い致します。審判講習会についても、変更の際は再度のご提出をお願い致します。

ご不明の点等ございましたらご連絡願います。

第36回長崎県少年少女空手道選手権大会

令和2年度 審判員講習会について(開催案内)

令和2年度全空連公認段位審査会

【お知らせ】令和2年度第1回運動部活動指導者研修講座の開催について

長崎県空手道連盟
登録団体長・会員各位

平素より大変お世話になっております。部活研修講座の案内が届きましたのでご案内致します。
参加希望者は、添付のQRコードよりお申し込みください。

長崎県空手道連盟事務局
関係加盟団体 各位
(本メールは、CC・BCCにて送信しています)

いつもお世話になります。緊急事態宣言解除を受けて、部活動も本格的に再開されることとなりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策には、これまでの周知内容をご確認の上、活動に取組んでいただきたいと思います。さて、標記研修講座の案内依頼が県体育保健課よりありましたのでお知らせします。つきましては、関係者への周知および活用いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

—–Original Message—–

From: 桑原猛詩
Sent: Tuesday, May 26, 2020 10:14 AM
To:

Subject: 【お知らせ】令和2年度第1回運動

部活動指導者研修講座の開催について

長崎県スポーツ協会
スポーツ振興課長 松尾善久 様

 お世話になります。
 標記のことについて、別添要項のとおり開催します。
 つきましては、関係各競技団体へもお知らせいただければと思います。
 お手数をおかけしますがよろしくお願いします。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
☆3密を避ける対策など、新型コロナウイルス感染
 防止の取り組みへ、ご協力をお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長崎県教育庁体育保健課
 学校体育班 指導主事 桑原 猛詩

練習再開における感染予防の徹底について(お願い)

2長空連第3号
令和2年5月7日

長崎県空手道連盟
登録団体長・会員 各位

長崎県空手道連盟
会長 荒木春峰
【公印省略】

練習再開における感染予防の徹底について(お願い)

 みだしの件については皆さまにおかれましては緊急事態宣言発出以降「感染 予防及び練習の自粛」に取り組んでいただいていることと存じます。

4月30日付け全空連から
 全空連加盟団体ではないが、期間中に練習を行っていた北海道の空手教 至で子供たち12人が新型 コロナウイルスに集団感染した。
 感染予防と練習の自粛を重ねてお願いする。

 との通達がありました。
 その後の5月4日に、国から緊急事態宣言の期間を更に5月一杯このまま延 長するという発表がありました。
 これに伴い、13の特定警戒都道府県以外の34県(長崎県含む)について は飲食店の短縮営業の解除や公共施設の再開等自粛緩和に向けた動きが広がっています。
 長崎県についても一部では5月11日から学校が再開され、これに併せて部活動も3密を避ける条件等で再開される予定となりました。
 また、県の公共施設や体育館等の仕様も可能となり、練習を再開することが 可能になる予定となりました。
 更に、中高生の全国大会等が中止となっておりますが、長崎県高体連では6月6日から開催される予定の長崎県高総体の開催を保留としており、その結果を5月中旬までに決定すると表明しております。
 県中体連の意向はまだ把握しておりませんが、もし開催決定となれば本連盟 として協力する必要がありますので、その際は改めて協議することといたします。

 ここにきて、開催の目途らしいものが見えてきており、3年生にとって、わずかながら希望が湧いてきたのではないかと思います。
しかし、今後一番大事なことは練習の過程で感染者を出さないことだと思います。感染者を一人でも出せば、開催は即中止となることは必定でありますので、各団体におかれましては、更に「感染予防」に努めて頂き会員の感染者 (ゼロ)をめざして頂きたいと思います。